もったいない精神を捨ててすぐに売ろう

本ってほっておくと次々と買い込んでしまって気がつくとすごい冊数が家に保管されていることになりがちです。そのなかで本当にとっておいてまたいつか読み返そうと思えるものは本当にごく一部で、売ろうと思ったときにはもう価値が小さくなってしまってろくな価格で買い取ってもらえません。そんな事態になる前にやはり本は読み終わった時点で自分に今後も必要となるか考えた方がいいでしょう。溜め込んでいてもスペースを圧迫するだけで、何の得にもならないのですから、基本的に読み終わった本はすぐに売りにいくくらいの気概でいていいと思います。発行して間もない本ならばまだ相場も固まっていないのである程度高額買い取りが期待できますよ。

 

http://xn--nckg3oobb8486buqhol4b2ijhi6f.com/