安すぎる査定に愕然

本棚から漫画があふれてきたので、古本屋に本買取をしてもらいに行ったことがありました。集めてみると結構あり、大きな紙袋一杯になりました。多分150冊近くはあったと思います。それを近所の古本屋に持って行きました。さて持って行こうとすると、予想をはるかに超えて重い。それと持ちにくい。近所とは行っても1.5kmぐらい先で、途中に上り坂もあります。何回も袋からこぼしそうになりながら、必死で持って行きました。その時お金が無くて、何千円かになればメシを食べられる、という期待もありました。古本屋に着き、査定が始まりました。出た額は……200円。愕然としました。しかし、またこの重い物を持って帰るという気力が起きない。泣く泣く売りました。100円の菓子パンか何かを買って食べたような記憶があります。